25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

【まとめ】つみたてNISA Meetup in 熊本に参加しました【感想】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

ニーサ兄さんです。

タイトルの通り、「つみたてNISA Meetup in 熊本」に参加しました。どういうものかと言いますと、金融庁の方が「つみたてNISAを始めたけれど、投資なんて初めてでどうしていいかわからない」という方や「つみたてNISAって本当にいい制度なのか〜?」などなど、始まって1年経たない「つみたてNISA」という制度に心配を感じる個人投資家に向けて、開催するmeetup(会合)のようなものです。

僕も、存在自体は知っていたのですが、熊本という僻地・片田舎でも開催されるということで、参加してきました。

 

投資初心者向けの丁寧な説明

 

結論から言いますと、金融庁の方の説明は、ものすごく丁寧で投資初心者でもスッと理解できるものでした。資料も配られたのですが、パワーポイントで家計金融資産の推移や日本人が投資を行わない理由など、懇切丁寧に説明しておられました。

しみじみと思ったのは、投資を始めたばかりの人は本やブログを読む前に、このMeetupに参加した方が良いだろうなあ、ということです。多分、どんな入門書よりわかりやすい内容だったと思います。

説明の中で、記憶に残っているところを2つだけ記します。

 

家計所得の日米比較

「なぜ、金融庁がつみたてNISAを始めたのか」という説明とイコールだと思っているのですが、

グラフの通り、1980年代までは、日本も米国も家計に占める株式・投信の保有割合はほとんど同じでした。しかし、日本は以降横ばいであるのに対して、米国は1997年にかけて政策効果で保有割合を5割近くまで押し上げます(黄色矢印)。

今、金融庁は日本でも1990年代の米国のように政策効果で株式・投信の保有割合を押し上げようとしており、その政策の一環として「つみたてNISA」があるということです。

 

 

 

そもそも投資って!?

「投資」という言葉を広辞苑で調べると

・利益を得る目的で、事業に資金を投下すること

・比喩的に、将来を見込んで金銭を投下すること

・元本の保全とそれに対する一定の利回りを目的として貨幣資本を証券(株券および債券)化すること

 

という、ちょっと堅苦しくて、イメージの良くない言葉が並べられています。

しかし、英英辞典で「投資=investment」を調べると、

・the act of using money to earn more money

・the act of spending money on something that is valuable or expected to be useful or helpful

・the act of giving your time or effort in order to accomplish something or making something better

 

 

が出てきます。赤文字は勝手に入れさせていただきましたが、とても良いイメージを持つ言葉が並んでいます。人を助けることにお金を使うとか、自分の時間を使って物事を良くするなど、とてもプラスなイメージを抱きます。日本ではまだまだ「投資」というと「ギャンブルじゃないの?」という人が多いようですので、そこを変えて行く必要があるみたいです。

 

 

質疑応答のまとめ

説明の時間が終わると、次は質疑応答でした。個人的に質疑応答というと名ばかりでスッと終了するものと思っていましたが、さすがは個人投資家たち。質問が出てくる出てくる。その後の懇親会でちょっとお酒を飲んでしまったので、詳しい質問内容は覚えていませんが、覚えている部分を箇条書きで書きます。

 

・つみたてNISAやiDecoといった税制優遇のある制度はリスク資産に集中すると良い。

・つみたてNISAやNISAを始めたくても何処に相談していいかわからないという人が銀行の窓口に多い。つみたてNISAやNISAをどうやって広めるか、金融庁と金融機関が協力して何かできないか模索したい。

・つみたてNISAとNISAは将来的に併用できないか考えている。最初に併用の話も出たが、「少額投資非課税制度」なので、合わせて1,400万円となる非課税最大枠は「少額」と呼べないということで、当初からの併用は行わなかった。

・つみたてNISAやNISAの恒久化には、現時点では認知度が足りないと考えている。

・つみたてNISAの20年後は、値上がり分は課税されずに、値上がりした価格で購入したことになる。

 

赤文字は、興味深いと思った箇所です。直前に、ニュースで「金融庁がNISAやつみたてNISAの恒久化を引き延ばす」とやっていたので、それに関する質問が出ました。そのほか、たくさんの質問が出たのですが、回答で重要だと思ったのは、上記の通りです。

 

まとめ

初めて参加したMeetupでしたが、本当に楽しく、11月は仕事が忙しかったこともあり、投資から離れていたことを悔やみました。もっと勉強して参加すればよかった…。そのあとの懇親会も合わせて、とても勉強になりましたので、このブログを見ていただいている他県の方で、「つみたてNISA Meetup」に参加するか悩んでいるという方は、一度飛び込んでみると良いと思います。金融庁の方は、とても優しく説明はわかりやすかったですし、質疑応答もとても為になるので、何よりの勉強の場です。

個人的な感想としては、自分の無知を痛感したので、気を改め勉強に勤しみたいと考えています。

 

 

 

最後に…企画していただきました方々、本当にありがとうございました。この場でお礼申し上げます。

以上。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.