25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

【つみたてNISA】利益が非課税ということを忘れず、攻めの姿勢を忘れないこと!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

ニーサ兄さんです。

つみたてNISAは、現在の日本の金融政策でも支柱と言えるポジションにあると思います。もちろん、NISAやiDecoも魅力的な制度だと思いますが、僕がつみたてNISAしかしていない、あるいは、つみたてNISAしかしたことが無いのは、つみたてNISAがその他の制度と比較して秀でており、庶民の僕の肌感覚に合っており、なおかつ攻めの姿勢が大切な制度だと感がているからです。

 

 

つみたてNISAやNISAが、どういった制度か

投資対象と言うとどんなものを思い浮かべるでしょうか。

様々だと思いますが、株や不動産、債券と行ったものが一般的では無いでしょうか。もちろん、「つみたてNISA」や「NISA」は、こういった株や不動産、債券が対象となっています。

 

つみたてNISA→金融庁の審査した投資信託に投資する

※投資信託とは、株や不動産や債券に投資をする団体(ファンド)が販売している金融商品のこと。

NISA→株や不動産、債券など自分で選んだ対象に投資をする

 

と言うことで、株や債券などに直接的に投資をするのがNISA、株や債券に投資をするファンドが出している金融商品に投資をするのがつみたてNISAと言うわけです。つみたてNISAは株や債券などに投資すると言う意味では、間接的と言えるでしょう。一部例外はありますが…。

そして、両方の制度の共通点は、運用益(利益)が非課税になると言うことです。

 

 

つみたてNISAは、「いかに多くの運用益(利益)を出せるか」が鍵

僕のポリシーであり、このブログのテーマとも言うべきものは「コツコツと資産形成して、資本所得と労働所得のダブルインカムで生活を豊かにする」ということですが、今日はそれに反して、つみたてNISAに言及させてもらうとすると、

つみたてNISAは利益を出せば出すほどお得

と言うことです。もちろん、投資信託には配当がありますから、利益が0なんてことはないですが、利益の幅は投資信託それぞれ。ただ、一番得するのは、一番利益を出した人と言うのは場違いなく言えます。ですので、これからつみたてNISAを始められる方は、よく考えて始めた方がいいです。

 

 

なるべく利益を出したいのであれば、株式の配分を高めるべし

参考までに私の株式の配分ですが、100%です。それも米国株100%にしています。

これには理由がありまして、【つみたてNISA】積立設定を楽天・全米(VTI)1本に変更した理由で述べた通り、米国には企業成長のための風土があったり、コストも高くないからです。そして、何より不動産や債券に比べて株は振れ幅が大きく、損も大きくなる可能性がありますが、その分利益も大きくなる可能性を持っていますあくまで可能性なので、どうなるかはわかりません。

つみたてNISAとは、利益を非課税にすることにメリットがある制度ですから、なるべく利益を出したいと考え、この投資信託にしています。厳密に言うとETFと言う部類になりますが、このあたりは割愛させてください。

 

これから、つみたてNISAを始めると言う人は、様々なブログや本である程度勉強してから始めた方が良いと思います。しかし、つみたてNISA(NISA)における大原則は、「利益が非課税になる」と言うことです。

ここを念頭に、投資信託を選んでみてください。

 

以上。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.