25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

長期投資のメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

おはようございます。ニーサ兄さんです。

「つみたてNISAを始める理由」を書きましたが、「インデックス投資」「ドルコスト平均法」の概要を勉強してみると、大損することは無さそうだし、安定してお金を増やせるかもしれない!と思いました”の部分をちょっと説明したいと思います。

 

インデックス投資とは株価指標と同じになるように運用すること


インデックス投資とは、ある指標に沿って運用することを目指す投資方法を言います。ある指標とは「日経平均株価」や「ダウ平均株価」等です。以下に記事を貼ります。
参考記事①インデックス投資とは?
参考記事②日経平均株価とは?

ここ10年間に亘って日経平均株価は著しく上昇しています。
日経平均株価と連動する投資信託を2009年、リーマンショックの時に買っておけば(底値が6,500円くらいと言われているみたいです)、現在の日経平均株価が22,000円。約3.3倍ですね。100万円分買っておけば、330万円になる計算です。※もし、その時NISAという制度があれば、丸々230万円の儲けです。厳密には税金がかかるので、もっと少なくなります。
つみたてNISAでは、毎月積み立てていくので、仮に2009年から積み立てたとした場合、もっと儲けは少なくなりますが、一つ言えることは、間違いなく増えていたということです。インデックス投資法は実はかなり有力な投資法と言われていて、その理由は平均値をとるからなんですね。株式には平均へ回帰する法則がありまして、複数の個別銘柄に投資していてもトータルのリターンで見ると平均値、つまりインデックスと同じような動きになってしまうというものです。個別株に投資をして平均値を下回る可能性を残すくらいならば、最初から平均値に投資をするというのが、有力な投資法というわけです。

 

 

毎月同じ金額を投資し続ける!ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、毎月(毎日)同じ金額で株や投資信託を買っていく投資手法のことを言います。
参考記事③投資初心者必見!ドルコスト平均法って万能なの?
実は、
つみたてNISAが、ドルコスト平均法そのものなんですね。毎月2万円なり3万円なり(年額40万円まで)を積み立てていきます。ちなみに僕は、毎月2万5千円ほど積み立てようと考えています。現在、どの投資信託をどれだけ買うかを決めているところです。
もちろん、参考記事③の中でも説明されていますが、あくまで「価格変動リスクを抑える投資法」ですので、必ず儲けるかというと、「どの指標と連動する投資信託を選ぶか」によると思います。

 

まとめ

長期投資のメリット
・日経平均株価を見ると、今はゆるやかな上り調子。上り調子に合わせて投資を行えば増やせる!
・ドルコスト平均法で価格変動リスクを抑えられる

 

以上。

 

こちらの記事もおすすめ

【書評】投資家が「お金」よりも大切にしていること

預金バカになるな!

にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
にほんブログ村

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.