25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

自己紹介

1992年6月、熊本県熊本市生まれ。僕の生まれた当時は、まだ小さな市町村でしたが、2012年に政令指定都市になりました。現在人口74万人程度の最南端の政令指定都市となっています。典型的な城郭都市で、熊本城を中心に繁華街を形成しています。一方、熊本駅は繁華街から少し離れた所にあり、熊本市の運営する”市電”で移動することができます。政令指定都市と聞くと

こんなビル街をイメージされるのではないかとも、思いますが、実際、熊本市は

こーんな感じです。

ほどほどのビル街とそれを見下ろす熊本城が、街のシンボルになっています。この熊本城の直下に市役所があるのですが、実は、熊本城周辺のビルは、この市役所より低く作ることが義務付けられていまして、景観を守る大事なルールがあります。

〇幼少期

幼少の頃は、親がキャンプが好きだったので、それにつれて行ってもらったことや、近所の友達と虫取りをしたことをよく覚えています。友達にミツバチの死骸を握らせたら、死骸に毒針が残っていて、友達が手のひらを刺されたり、母の喜ぶ顔が見たくて誰かが育てているユリの花をちぎって持って帰ってきて怒られたり、レンタルビデオ屋でビデオが借りられることが嬉しくて走り回っていたら壁に正面衝突して店員に笑われたりしていました。僕が、小学校に入るくらいでしょうか、ポケモンやメダロットやデジモンが流行りはじめ、そのあたりのゲームはよくやったことを覚えています。今思い返すと、どれも最後までクリアしていないんじゃないか、と思います。室内でゲームをしているより、外で走り回るほうが好きなタイプでした。めちゃくちゃ固い泥団子を作ったり、落とし穴を作ったり、そういう事に血道をあげていました。

 

〇中学校時代

熊本市の小学校では4年生の頃から部活動に入ります。大学で他県に行ってわかったのですが、普通は中学校から部活動が始まるのです。僕は、兄の影響もあってバドミントン部に入部しました。熊本はバドミントンがとても盛んで、全国大会でもよく上位に熊本県の選手がいます。僕もそれなりに上達して、小学校・中学校では、部長を務めたのですが、今思うと、部長らしいことは何一つできなかったなあ、と反省しています。一応、市の大会で優勝したり、県でもベスト16かそれくらいまでは入ることができました。それから、音楽に出会ったもの、中学時代です。中学1年の時に同じクラスの友達がギターをやっていたので、それにくっついて、ギターを始めました。中学2年の終わりごろから、ギターに飽きてベースに転向。勉強そっちのけで、楽器を弾いていました。ベースの奏法で、「スラップ(チョッパー)」という親指で弦を叩くように弾くものがあるのですが、それをやりすぎて、鉛筆が握れないほど手を酷使していました(血豆とかうっ血とか)。成績はそれなりでしたから、特に受験勉強らしい受験勉強をせずに高校に進学します。

ちなみに、3年の時に部活中に靭帯を断裂して、夏休み丸々、手術と入院に費やしました。松葉末と車いすで1か月生活しました。健康な体が貴重なんだ、と学びました。あと、親のありがたみも感じました。

〇高校時代

高校に入っても一応、部活は続けるのですが、高校で組んだバンドが楽しくて楽しくて、途中で部活は辞めてしまいました(1年生の冬だったと思います)。結構引き留められたのですが、やはりバンドがしたかったですし、どちらも選ぶってことは無理でしたね。今みたいに、仕事してブログ書いてラインでスタンプ作って、とかは全て個人でできることなので、時間配分は自分で決められますが、バンドも部活も団体行動なので、自分の我が儘を通すには無理が出てきます。それまで決断らしい決断をしてこなかったので、「決める」ということの難しさを知るいい経験なりました。一方、バンドはのほうは、近所のライブハウスに何回か出演したのと、文化祭でバンド演奏をするくらいしか活動してません。笑 そのくせビッグマウスで、他の高校のバンドをディスってばかりでした。あの時、迷惑をかけた皆さん、すいませんでした。でも、あんまり後悔はしてないです。それが自分のやりたいことでしたし、バンドの方向性みたいな感じだったので。

文化祭でのバンド演奏を、誰かわかりませんが、挙げてくださっているので、興味がある方は是非聴いてください。ベースの演奏は、ど下手です。よくコピーしたのは、オアシスというイギリスのバンドです。今でもよく好きで聴いています。

その他、洋服を好きになったものこのころです。熊本は洋服が盛んで、ポールスミスの路面店日本第1号は熊本ですし、東京青山に進出したパーマネントモダンは熊本発信です。大学受験の前は、洋服屋に入り浸り、おしゃれの勉強をしていました。高校生にしては、洋服を買っていたほうだと思います。そんなわけで、熊本のおしゃれの町という側面を知ったのも、高校時代です。

〇大学時代

熊本が好きではあったのですが、高校に通いながら、ずっと「熊本から出たいなあ」と思っていました。

高校の時にハマって見ていた「秒速5センチメートル(監督:新海誠)」の影響も大きいのでしょう。それから、バンドのメンバーで関東に行って、ライブをする!売れてやる!という意識もあったので、「大学は関東」というのを3年の最初の頃には意識していたと思います。

時が経つにつれて、やはり関東に行きたいという夢が大きくなりまして(熊本から出たいと思うようになったというのもあります)、大学は「高崎経済大学」を選びました。群馬県です。受験もそんなに難しくはなかったので、前期で楽に合格を決めました。本当は東京の大学に行きたかったのですが、頭が足りませんでした。熊本→群馬と日本を半分移動したので、当然、群馬には友達もおらず、最初は大変でした。あまり社交的な性格でもないので、友達らしい友達は結局5人くらいしかできませんでした。サークルや部活も特に入っていなかったので、よく東京に遊びに行きました。勿論、バンドをするためではあったのですが、下北沢で古着を見たり、CDを見たり、そんなことに時間を費やしていて、結局ライブも一度きりでした。曲は何曲か作りましたが、どれも完成度はイマイチで、聴ける曲かどうか怪しいレベルのものです。東京にいる間は、バンドメンバーがいるので、楽しかったのですが、群馬に戻ると、授業とバイトの生活で楽しみらしい楽しみは見出せませんでした。ある意味では、自分と向き合う時間を取れたので、今考えると悲惨というほどではないように思います。自分が何がしたいのか考えて、旅行を始めました。あとは、読書です。当時よく読んでいた森鴎外や永井荷風、森見登美彦や村上春樹は今でも好きです。旅行では、隣の軽井沢によく行きました。やはり熊本生まれで周りには自然が多くある環境で育ったので、無意識に山が恋しくなったのでしょうか。軽井沢はとてもいいところで、当時読んでいた堀辰雄の記念館があり、そこは今でも「また行きたいなあ」と時々思います。他には、京都に友人がいたので、18切符を使って、長い休みの時には京都に行っていました。京都に行ってはお寺を巡り、古本市等で古本を探していました。他には、ゲストハウスにちょこちょこ泊まって外国人と話したり、バイトで100万貯めてゲストハウスにずっと泊ってる片目が青いヤンキーと仲良くなったり、周りの大学生が日々飲み会に明け暮れる中、僕はやりたいことを探していました。友達が少なかったので、寂しいと思う時が何度かありましたが、今では財産と言える大学時代を過ごせたように思います。

〇社会人時代

勤め先は、詳しくが言えませんが、熊本に帰ってきて、公務員になりました。旧友からは、「いいなあ。公務員」と言われますが、なかなか思うようにいかず、とても苦労しています。この自己紹介を書いている2018年3月で3年目、4月で4年目になります。業務の事は詳しく書きませんので、ご想像にお任せしますが、色々なことに興味を持って、日々を過ごしています。このブログでは投資のお話しかしていませんが、ラインでスタンプを作ってみたり、今は、また音楽が出来ないか模索しているところです。2017年12月に仮想通貨に興味を持ち、投資生活がスタート。2018年1月からは、「つみたてNISA」を主体とした、ブログをライブドアブログで始めました。2月から低位株投資、米国株投資にも興味を持ちスタート。ほとんど同じタイミングでこのHPを立ち上げました。「ひふみ」のファンドマネージャーの藤野英人氏を尊敬しており、投資のスタイルは割安で買って高値で売るブル型。「買いたいと思った時に買うとロクなことはない」をモットーに投資生活を続けています。ブログでは、投資の状況を逐一報告していきたいと思っています。

 

 

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.