25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

【投資初心者】投資の意義とお金についてーベストを着ようー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

ニーサ兄さんです。

 

米国株を始めたことで、毎日為替レートをチェックするようになりました。

「今日は、107円台か…。」「おっ。106円台になった。」

など大きな推移はないのですが、為替を見てはお金に思いを馳せております。為替レートを見ていると、「日本円」の価値について、考えさせられます。

 

貯金大好きは損をする!

 

為替レートが上がり下がりを繰り返すということは、僕たちの持っているお金(日本円)の価値が上がり下がりするということですから、ひいては貯金しているお金や財布のお金の価値が上がり下がりするということになります。

物価の上昇や増税と違って、「円そのものの価値の変動」とは目に見えずらいもので、大多数の人は気にしないのかもしれませんが、実は円高や円安になることによって、僕たちの貯金あるいは財布の中のお金の価値も変動しているのです。

そして、投資家や資産家と言われる人たちは少なからず、こういった自分の持っているお金の変動や資産の上下に敏感(あるいはわざと鈍感)で、資産の管理や運用を行っています。

 

僕たちが投資を始める時に持つべきは、この価値の上下を把握する力とも言えます。貯金や株資産全体として、今上がっているのか下がっているのかを意識することから始めましょう。

 

 

 

円安から資産を守るための投資

 

米国株をやりはじめるまでは、正直僕にとっては、財布の中の1万円は”ただの1万円”でしたが、その1万円で米国株を買うとなると、為替レートの問題が絡んできますから、1万円で買える株の数が変動してきます(1株の株価が同じで、ワンタップバイで購入することを想定しています)。そして、現時点から円安になった場合、同じ1万円でも買える株の数が減ってしまいますので、僕としては、ある意味損をしたということになるのです。

しかし、逆に円安になる前に、円を株に換えておけば、株の価値が減少しない限り、円安になった際には、(日本円という現金の)資産を守ったと言えます。円安になってしまえば、日本円の価値が下がるわけですから、株に換えていた分は守られます。円安になった時点で、株を売って日本円に換えれば、その株価が同じである場合は、円安になった分、円を増やすこともできます(ただ、これは純粋に価値が増えたわけではありません)。

 

 

あまり実感がないかもしれませんが、日本の景気は徐々に回復していっています。日経平均も2月に下がりましたが、概ね好調ですし、ここ数年政府はどんどんお金を刷って、日本円の総量を増やすと同時に、増税を視野に入れて動いています

ですから、資産を守るという目的でも、株や投資信託に手を出すのはありではないかな、と米国株投資を通じて感じました(政府が、またお金を刷れば、日本円の価値はどんどん減る一方ですから)。特に、今年から始まった「つみたてNISA」は本当に良い制度だと思います。

 

「投資=お金を増やす」「つみたてNISA=儲ける」と思われている方がいらっしゃるようですが、僕は「資産を守る」ために、つみたてNISAを利用するというのも、考え方として大いに結構だなと思っています。日本円の価値が下がるかもしれないから、投資して資産全体の価値を守るのです。まさに、invest(投資・ベストを着る)ですね。お金の上下に流されないように、ベストを着こみましょう。

 

以上!!

 

こんな記事もおすすめ

投資を始める前に知っておきたいたった1つのこと

僕たちはお金をどう使って生きるべきか



この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.