25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

新境地!下げでも儲ける!!ー牛か熊か豚か

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

ニーサ兄さんです。
最近、仕事の方でちょっと色々忙しく、更新頻度が落ちてました。すいません。
僕の更新頻度が落ちるのと同時に、ダウ平均株価、日経平均株価も落ちてました。日経平均の週間下落幅は1891円91銭。リーマンショックの時が2661円71銭だったといいますから、届かないまでも、それなりの下落幅です。

さて、株や投資信託、ETFというのは、買って価格が上がるのを待つだけかというと、実はそうではないんですね。僕の投資スタイルは現在、この「上がった時に儲ける」スタイルで、一般的には「ブル(牛)」と呼ばれています。牛が、角を上げて攻撃することから、こう呼ばれます。
しかし、投資には、下げている時にも儲ける方法があるんです。聞いたことがある方も多いと思いますが、「空売り」という方法になります。証券会社から株を借りて、その株を売り、下がったら買い戻して、証券会社に返す、という行為です。
具体例を挙げると、
①証券会社から現在100円の株を100株借りる
②100円100株を売る 10000円
③株が90円になる 100株9000円で買う
④証券会社に100株返す
すると手元には、1000円残ってこれが儲けとなります。

こうすることにより、「下げ」の局面でも利益を出すことができます。
このように「下げ」でも利益を出すスタイルは、熊が腕を振り下ろして攻撃することから「ベア(熊)」と呼ばれます。

僕は、投資を始めて現在まで、一貫して「ブル」のスタイルで投資を続けています。初心者ですので、買って待つだけというのは非常に楽ですし、そもそもつみたてNISAの中に、下げ局面で儲けを出す投資信託は含まれていませんので、必然的に、「ブル」のスタイルになります。
最近のダウ、日経の下落を見ると、「うわー。心配だなーー。僕の投資は大丈夫かなー」…とは思いませんが、「この下げ局面でも利益を出してみたいな」と思うようになってきました。しかし、先ほど挙げた「空売り」はいささか面倒。なにかいい方法は無いかなー、と思っていた時に見つけました。

 

〇インバース型ETF

インバースとは、反対の意味で、指数(日経平均など)の騰落率の逆の値動きをするETFをインバース型ETFと言います。
 例えば、日経平均の逆の値動きをするETFの場合、昨日の日経平均の騰落率が-2.3%でしたから、ETFは逆に+2.3%になり、これが儲けとなります。
 これを見つけた時は、正直胸が高鳴りましたよ!だって、空売りなんて面倒なことをせずに、ETFを購入するだけで、下げ局面で利益を出せるのですから!!
 

 とはいえ、すぐに購入することはしませんでした。なぜなら、行動が遅かったからです。下げが始まった直後に買うならまだしも、下げが続きやがて1週間。「もっと下がる」という意見も散見されますが、正直、上がる可能性が大きくなりすぎたといった感じでしょうか。ここでインバースを購入して株価が上昇したら目も当てられません。投資の格言に『ブルもベアも儲けられるが、欲張りなブタは儲けられない』というものがあります。今、ここでインバースを購入することは、欲張りなブタな気がするのです。勿論、インバース型ETFというのは、素晴らしいものだと思います。ただ、初心者が手あたり次第に買いあさって儲けられるほど、投資の世界は甘くないのだろうと、思うのです(もう大分買いあさってますが)。
 ですので、しばらくは静観。インバースがあることを頭の隅にとどめておき、ある程度の成績を修められるようになってから、インバースに手を出したいと思います。

 とりあえずは、つみたてNISAで毎日積み立て(ベア!!)。下げ局面を利用して、割安購入を続けていきたいと思います。20年後ダウ平均株価が50,000くらいになっていることを祈って!

以上!!





この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.