25歳が全力で資産を増やすブログ

ニーサ兄さん投資日記

インバース型を売却ーギャンブルに負けた男の話ー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

ニーサ兄さんです。

タイトルのとおり、先週買って保有していたインバース型ETFを本日、売却しました。

S&P500という指標に3倍のレバレッジをかけたもので、前回の記事でも挙げたとおり、もう一段の下げを予測して購入しました。実際、トランプ大統領の関税政策への調印が(日本時間)金曜日の朝5時半でしたから、下げるならここしかなかったのですが、結果は……

ドーンと上がってしまいました。NAFTAを関税相手から除外したことで貿易戦争への懸念が後退したため、と思われます。

ということで、10日の午前2時(アメリカのマーケットが閉まる4時間前)頃にインバース型を売却しました。インバース型は、相場が上昇することを考慮すると勝てるのは25%くらいの感覚だ、と言いましたが、まさにそのとおりだったという感じです。4分の3の確率で負けてしまいました。

 

負けたという経験を得た

僕は、「投資とは出口が全て」だと思っていて、長期投資という出口のタイミングを選べる投資スタイルを貫く場合、よほどの暴落が来ない限りは、そこそこの確率で勝てるものだと思っています(逆算的に勝っている時点で勝ち抜ければ良いため)。しかし、今回のインバース型は、出口は1~2週間程度で設定しておかなければならないという制約があり、勝つか負けるかがハッキリ結果に出てくる勝負でした。厳密に言うと、制約があるわけではないのですが、長期で保有しても負けが嵩むだけです。

正直、損切りをするときは悔しかったですし、「売却」ボタンを押す時は、負けを認めるみたいで、めちゃくちゃ嫌でした。しかし、クールに考えると、これ以上相場が上がる可能性が大いにあるからには、現在売却するのが、「得策」であると考え、「売却」ボタンを押しました。損益にするとマイナス約900円ほどでしょうか。1000円単位の売却なので、端数が残っていますが、ひとまず売れるだけ売りました。結果論ではあるのですが、午前2時以降もダウは上昇しましたので、今日時点での損益は比較的小さく抑えられたと言えます。残った1,000円は現在、マイナス170円くらいになっていますので、8,000円分売っていなかったらと思うと、ゾッとしますね。ちなみに、僕は「損切り」というのを始めて行いました。投資を始めて3か月で損切り初体験というのは、早いのか遅いのかわかりませんが、「損切り」という観点から見ると、その後もインバース型は下落したわけですから、「成功」と言えるようにも思えます。

というわけで、インバース型の結果報告でした。今後、インバース型に手を出すのは、ちょっと控えようと思います。下がるのを予測するのは、かなり難しいということが分かりました。

以上!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2018年1月1日からスタート。つみたてNISAをはじめ、仮想通貨や経済等に触れるブログ。低位株投資も始めました。たまに趣味の話。 投資/運用/積立投資/つみたてNISA/インデックス投資/経済/仮想通貨/個別株/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ニーサ兄さん投資日記 , 2018 All Rights Reserved.